診療内容 ブリッジ、入れ歯

佐藤歯科 HOME >>診療内容 精密根管治療

精密根管治療

「根っこの先にウミの袋があって、抜かないと治らない」

こんな事を歯科医師から言われたことはありませんか?

歯に何が起きているのか?


歯の中には神経が来ています。その神経が何らかの理由で死んでしまい、その結果「細菌」に取り憑かれてしまった。あるいは、神経を取る治療がすでになされているが、そこの「細菌」が入り込んでしまった。

いずれにしても、歯根が細菌に取り憑かれてしまい、先端(根尖と言います)から「体にとって毒」な物質が出てくるので炎症を起こしている状態になっています。このような状態に陥った歯根を「感染根管」といいます。

PAGE TOP

感染根管を放置するとどうなるか?

根管から細菌の毒素が出て来ます。これらは自分の体に対して「異物」ですから、体はそれらを排除しようと「戦い」を挑みます。その状態が「炎症」です。

炎症というと、「腫れる」とか「痛む」とかを想像すると思いますが、症状が出てくるかどうかは実はケースバイケースです。自覚症状がなくとも、ひっそりと炎症が起きていることは「とてもよくある」ことなのです。

それらはレントゲンを撮影すれば「根尖に存在する黒い影」として認識できます。
よく歯科医が根尖病巣とかウミの袋という言葉で説明しているものです。

実際には、この部分は顎の骨の組織がなくなってしまい、不良肉芽と言われる炎症性の歯肉組織に置き換わっている状態を言います。

つまり、患者さんが認知できるような「痛み」や「腫れ」がなくても、根尖に黒い影があればそれは確実に炎症が存在しているわけです。

別の言い方をすれば、炎症があっても症状には波があって「出たり出なかったり」するものだということもできます。

この状態を長く放置しておくと…、運が悪ければひどい症状が現れることがあります。
細菌が存在している状態を放置しているわけですから、場合によっては細菌が爆発的に増えたり、非常に毒性の強い細菌が蔓延することもあります。(蜂窩織炎:ほうかしきえん)

そうなると、生命を失う危険性もあるわけです。(大げさではありません)

PAGE TOP

なぜ歯を抜くのか?

最悪、命に関わることですので、「歯を治す」というより「炎症」を治すということになります。

具体的には、根管が細菌によって汚染されてしまったのが原因ですから、根管の中がクリーンにできれば炎症は治ります。次にその状態を保つために緊密に根管を封鎖してしまいます。一連のその処置を「感染根管治療」と言います。

もし、クリーンにできなければ、、、、

「歯を抜く」ことによって細菌を一緒に追い出してクリーンな状態を作ります。結果、炎症を収束させることができます。

PAGE TOP

感染根管治療の難しさ

根管の中を「クリーンな状態」にして、さらにその状態を保つために「封鎖」する。
これが感染根管治療の目的になります。

困難その1

例えが悪いですが、「ゴミ屋敷」があったとして、大雑把にゴミを片付けたとします。
最初の状態と比べればだいぶクリーンですが、まだまだ汚れが残っているはずです。
もっと細かく片付けて、掃除機もかけて、雑巾がけもしました。
そろそろ人が住んでも良さそうですね。
それでも足りません。
絨毯にあるいは畳にジュースをこぼした跡があって、こっそりカビが生えているかもしれません。
カビは繁殖する恐れがあります。
つまりそれはクリーンな状態とは言ないわけです。

そのくらいの高精度で「完璧にクリーン」な状態を作る必要があるわけです。
ですから、「何回やればクリーンになるのか」「どのくらいの期間通えばクリーン」になるのか、「最終的にはクリーンにならないのか」
これらが一切わからない状態で治療が始まるわけです。

困難その2

完璧を求めれば求めるほど、繰り返し洗浄をする必要があります。
その間、症状自体は出ていません。
患者さんの立場から言うと「困っていない」のに来院をしなければならず、しかも「あと何回かかるか言ってもらえない」状態になりますね。
「いつまで通わなければならないのか?」
気持ちはわかります。しかし我々も答えられない。

結果、治療を中断してしまうケースもあります。

もちろんクリーンになっていない状態で中断すると、細菌ですから繁殖し、再び汚染された状態となります。

つまりそれまでの努力が、「丸々無駄」になります。「痛くないのなら大丈夫」というわけではないことを肝に命じておく必要があります。

困難その3

今の健康保険の制度では、治療が長引けば長引くほど「損をする」ようにできています。
ですから実は我々も治療が長引くことは本意ではないのです。
倫理的に問題が大いにありますが、「そろそろ諦めて抜きましょう」なんて台詞が出かねませんね。

困難その4

仮に根管がクリーンにできたとして、次にやるべきは「根管充填」です。
根管というトンネルを隙間なく(特に根尖付近)埋めてしまうことで、二度と細菌が繁殖できないようにする必要があります。

ところが、今の健康保険精度で使える「充填材」はその封鎖性にやや疑念があります。
封鎖が不十分ですと、その隙間に細菌が再び入り込み繁殖します。

結果、「炎症の再発」という事態になります。

PAGE TOP

成功率を高めるための四種のアイテム

アイテム1:マイクロスコープ

顕微鏡で根管の中を覗くことで中のゴミを取り除く精度を上げます。

アイテム2:CT

コンピュータを使った画像診断により、根尖病巣を3次元的に正確にとらえます。
炎症の範囲を正確に捉えることが成功率を高めます。

アイテム3:ラバーダム

術中に唾液が入り込むことを防ぎ、無菌処置の精度をあげます。

アイテム4:MTAセメント

一番重要なアイテムです。

根管の中を隙間なく埋めるための充填材です。
封鎖性に優れていて、硬化後も変化しにくい性質です。
高価でもあり、健康保険で認可されていない素材です。
現在の健康保険では適応になっておりません。

PAGE TOP

精密根管治療と健康保険の根管治療の違い

精密根管治療 健康保険
除菌 完全に近い 不完全
清潔 完全に近い 不完全
充填材の封鎖性 ほぼ完璧 不完全
PAGE TOP

佐藤歯科の精密根管治療と費用

健康保険外の治療になりますが、全ての感染根管を治せるという保証があるわけではありません。
健康保険の適応外の手段や材料を使用して、「治癒の確率を上げよう」という治療法ですので、ステップごとの料金を設定しています。

ある程度の「大丈夫」という確信を得てから次のステップに進むようにいたします。
また、進まなかった場合、行っていない治療の費用は請求いたしません。

  1. ① 診査、診断、CT撮影 ¥10000
  2. ② 除去料、メタルコアなどの除去に手間がかかるものを除去する場合のみかかります。¥10000
  3. ③ 根管治療 1根管 ¥15000 大臼歯で¥45000〜60000になります。5回くらいを目安にしております(金額は5回トータル)
  4. ④ 根管充填 1根管 ¥10000 大臼歯で¥30000〜40000になります。根管治療を行なって、あまりにも見込みが薄い場合は、充填を行いません。よってこの費用はかからないことになります。
  5. ⑤ 補綴処置 根管治療の終了後、冠をかぶせるなどの形態を元に戻す処置が必要になりますが、根管治療を健康保険外で行なった場合、冠も健康保険が適用できません。根管充填後1ヶ月〜3ヶ月経過を追って、良好そうな場合のみ補綴処置を行います。

実例:大臼歯(3根管)の場合

CT撮影診断料 除去料(不要の場合あり) 根管処置料 根管充填料
¥10000 ¥10000 ¥45000 ¥30000

経過が不良でそれ以上先に進めない場合は、そこから先の料金はいただきません。

PAGE TOP

初めての方へ

院内紹介

院内

詳細はこちら

アクセス

アクセス

佐藤歯科

【所在地】
神奈川県川崎市川崎区
駅前本町1-2
JR川崎駅東口前・アゼリア
26番出口
セブンイレブン隣のビル6F

詳細はこちら

小冊子プレゼント

入れ歯119番