院長紹介

佐藤歯科 HOME >> 院長紹介

佐藤歯科院長 佐藤太郎

日本一話しやすい歯医者を目指しております。

会話の大切さ

佐藤歯科院長:佐藤 太郎
佐藤歯科院長:佐藤 太郎

皆様は歯科医院で治療を受ける際に「あれ、なんでこんなことするの?」とか「悲鳴あげるほどじゃないけどちょっと痛いな」と思ったことはありませんか?
そんなとき「なぜ?」とか「痛いよ」などの意志表示がなかなかできないんじゃないかと思います。
診療中の医師も治療に集中していると気付きにくいものです。
お互い意思の疎通が取れないとお互いが気持ちのよい治療が難しくなります。

そこで当院では患者さまとの関係性をもっとフレンドリーになれるようたくさん会話をすることにしております。
「今日は暑いですね」に始まって「よく日焼けしてますね」とか、趣味の話、今日の夕ご飯、お子さん幼稚園の話。
ただの世間話のようですけれども、そこから打ち解けて、治療に関することが遠慮なく聞ける雰囲気を作る、
これが大事だと思って仕事にあたっています。

当院としては、医療は病気を治すのだけが仕事ではない、
治療を通じて患者さまを幸せにするのが仕事。
と思っているのです。

そのようなわけで、これからもよくしゃべるようにします。
宜しくお願いします。

佐藤歯科の院長ブログ更新中

プロフィール

1991年
九州大学歯学部卒
1991年
大谷満歯内療法研修会終了
1991年
佐藤歯科 勤務
1992年
日本臨床歯周病学会研修コース終了
1994年
日本歯科研究研修協会補綴コース終了
2004年
スーパーモダン矯正学会研修コース終了
2007年
AQBインプラントシステム専門医

現在まで、シェルシブインプラント、AQB、ITI、サルゴンインプラントなど各種インプラント研修会終了。
2003年より佐藤歯科 院長就任
現在に至る

略 歴

  • 国立九州大学を卒業後、関東近隣の歯科医院にて院長を歴任。
  • 父の体調不良をきっかけに、祖父の代より80年続く佐藤歯科を継ぐことを決意、院長に就任。
  • 歯周病(歯槽膿漏)に関連する周辺疾患を専門とし、開院以来、医院へ訪れた延べ10,000人以上の歯科治療に携わる。
  • 従来の歯周病治療法に加え、【痛みなく治療できる歯周内科治療】や、歯周病により歯を失った方への【生体シリコンを使用した特殊な入れ歯】や、【ドリルを使用することなく手術可能な特殊インプラント(人工歯根)治療法】など、最新の治療方法で、質の高い歯科医療を提供している。
  • 専門性と独自性を兼ねた治療で口コミになり、毎年、神奈川県外からも多くの患者が来院する。
PAGE TOP

初めての方へ

院内紹介

小冊子プレゼント

入れ歯119番